「たまちゃんの保存食」でつくる保存食 − 10月「ぶどうシロップ」

IMGP7050.jpg
久しぶりの保存食づくりです。
このまえ母から届いた荷物の中に、近所の農家の方からいただいたという「わけあり」のぶどうが山盛りに入っていました。
母は「あんたが作ってるほら、あのジュース(グリーンスムージー)に入れな」と言っていましたが、スムージーに入れてもまだまだ余るので、シロップにしようと考えた次第です。
「たまちゃんの保存食」をめくっていたら、10月の頁に「ぶどうシロップ」があったので、分量を参考にしました。

IMGP7035.jpg
洗ったぶどうと水、さとう、レモン汁をステンレスの鍋に入れて煮ます。この鍋がぴったりの大きさでした。


IMGP7039.jpg
煮えるのを待つ間にもぶどうを食べます。


IMGP7041.jpg
煮えたら濾します。さらし大活躍です。


IMGP7046.jpg
「ぶどうを無理に押したりしぼったりせず、自然にシロップが落ちてくるのを待つ」とのことだったので、さらしをしばって吊るし、ドモホルンリンクル方式で抽出しました。あら熱が取れるまでこのまま待機します。

あら熱がとれたら、煮沸した瓶に入れて冷蔵庫にうつします。3ヶ月くらいは保存可能だそうですが、その前に全部飲んじゃいそうだなあ。

ぶどう600gから、800mlくらいのシロップができました。
本では巨峰で作っているからか、だいぶ色が濃いのですが、今回はあっさりした赤みの出来上がりになりましたね。
試しに水で2倍にうすめ、氷を入れて飲んでみましたが、暑い時期はもうちょっと薄くしてもいいかも。でも濃くておいしい。

シロップを取ったあとのぶどうは冷蔵庫で冷やし、実の部分を食べようと思っています。
(冷えるのを待っているところです)
水割り以外にも、サイダーで割ったり、お菓子に使ったりできそう。ちょっとずつ、長く楽しみます。

たまちゃんの保存食 〜ちまちま、じっくり。しあわせな時間から生まれる、12か月の保存食〜
たまちゃんの保存食
〜ちまちま、じっくり。しあわせな時間から生まれる、12か月の保存食〜



ブログランキングに参加中。
バナークリックで投票ポイントが入ります。投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング

 


「たまちゃんの保存食」でつくる保存食 − 8月「みょうがの甘酢漬け」

みょうがの甘酢漬け
実家からみょうががたくさん送られてきたので、甘酢漬けにしました。(上をちょっと切ってるのは、輸送途中に少し傷んでしまったからです。)
今までみょうがってほとんど食べたことなくて、どちらかといえば苦手の部類に入る食べ物だったのですが、去年くらいから急に食べられるようになりました。

作り方は、甘酢作って漬けるだけなので超簡単。

今年は母からもらった分を全部甘酢漬けにして、そうめんや卵焼きのおともにしています。
そうめんに入れるときは、上から漬け汁を回しかけて、そのあとめんつゆを入れて食べるとさっぱりしておいしくなります。
卵焼きにも漬け汁入れますね。酢なので多少の傷み防止効果があるといいなと思いつつ。
冷や奴に乗せてもおいしいし、甘酢ごとごはんに混ぜれば簡単なお寿司もできそうです。

たまちゃんの保存食 〜ちまちま、じっくり。しあわせな時間から生まれる、12か月の保存食〜
たまちゃんの保存食
〜ちまちま、じっくり。しあわせな時間から生まれる、12か月の保存食〜


王冠2ブログランキングに参加中。
バナークリックで投票ポイントが入ります。投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング

「たまちゃんの保存食」でつくる保存食 − 6月「らっきょう」

IMGP4579.jpg
2週間ほど前に漬けました。人生初らっきょう。
いざ漬けようと思って、らっきょうの下ごしらえ(芽や根を取ったり)を全部終わらせたところで、酢が足りないことに気がついてがっくり肩を落としたりしましたが、なんとか漬けることができました。
ちまちました下ごしらえはありますが、作った分量もさほど多くないし、思っていたより簡単でした。もっと早くやってればよかったなあ。

写真は漬けたてなので、らっきょうが上のほうに浮かんでいますが、1週間程度経つと、少しずつ下におりてきます。
漬け汁がらっきょうにしみこんできたのかなあと思っていますが、実際のところはどうなんだろう。


先日カレーを作ったので、まだ浅漬かりだよなーと思いつつ添えてみました。
ちゃんとらっきょう漬けの味になってて感動!もう少し寝かせたあとが楽しみです。

カレーに添えるだけだとなかなかなくならないので、他のレシピもいろいろ試していこうと思います。

たまちゃんの保存食 〜ちまちま、じっくり。しあわせな時間から生まれる、12か月の保存食〜
たまちゃんの保存食 〜ちまちま、じっくり。しあわせな時間から生まれる、12か月の保存食〜

王冠2ブログランキングに参加中。
バナークリックで投票ポイントが入ります。投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング

「たまちゃんの保存食」でつくる保存食 − 4月「あさりのしぐれ煮」

IMGP4521.jpg
あさり(むき身)を買ったので、しょうがと一緒にしぐれ煮にしました。
醤油で濃いめの味付けなので、ごはんがすすむすすむ。

IMGP4523.jpg
むき身なので下ごしらえも簡単、すぐできました。
気をつけることといえば、焦がさないようにすることくらいでしょうか。
こういう時に、小さいお鍋は便利ですね。思い立ったらすぐ作れるし。

気がつけばもう6月、作ったのは4月のページから2品。
次はそろそろ5月と6月のページから選ぼうっと。

たまちゃんの保存食 〜ちまちま、じっくり。しあわせな時間から生まれる、12か月の保存食〜
たまちゃんの保存食 〜ちまちま、じっくり。しあわせな時間から生まれる、12か月の保存食〜

「たまちゃんの保存食」でつくる保存食 − 4月「ふきの佃煮(きゃらぶき)」

たまちゃんの保存食 〜ちまちま、じっくり。しあわせな時間から生まれる、12か月の保存食〜
えー、こんな本を買いました。(レビューはコチラ
以前から、簡単な保存食を自分で作れるようになりたいなーと思ってまして、ふと本屋で見つけたこの本が使いやすそうで、衝動買いです。

1月から12月まで、ひと月あたり3品くらいの保存食のレシピが載っていて、どれも初めての人が試しに作りやすそうな分量だったので、これをもとに毎月1〜2品くらいの保存食作りに挑戦してみようと思っています。
果実酒のレシピもありますが、私はお酒が飲めない体質なので、主におかずや果実のコンポートを作る予定でいます。

IMGP4488.jpg
まず最初に作ったのは、ふきの佃煮(きゃらぶき)。本では4月のコーナーに掲載されています。
ふきを下ゆでして筋をとり、醤油とお砂糖、みりんで甘辛く煮付けるだけ、と書くとだいぶ簡単なのですが、筋とりがけっこう大変でした。先に細かく切っちゃった自分が悪いんですが。
入手したふきが細く、ひょろひょろした仕上がりになりましたが、ふきの苦みとみりんの甘さが、ごはんに合う味でおいしいです。
一緒のページに載っていた、ふきの葉の佃煮もよさそうだったんですが、今回は茎のみ買ったので、葉っぱはまた来年!

王冠2ブログランキングに参加中。
バナークリックで投票ポイントが入ります。投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ レシピブログランキング

1

プロフィール

ロコ
36歳の主婦・一児の母。食べるの大好きっ子。
2007年夏に曲げわっぱのお弁当箱を買い、詰めたごはんのおいしさに感動して、ずっと曲げわっぱでお弁当を作っています。

お弁当を作る時は「ごはんを鍋で炊くこと」「市販の冷凍食品を使わないこと」「イチ(夫)の好きな卵焼きを入れること」を心がけています。

さらに、2013年から「週に2品以上、お気に入りの料理本に掲載されているレシピでおかずを作る」が加わりました。

Twitter.png Facebook.png Instagram.png Feedly.png Email.png 

お弁当箱のプロフィール

【二ツ重丸弁当箱】
丸くて軽い、かわいい子。持ち歩くときは大きめのハンカチで包みます。

wappa!のおすすめ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

記事カテゴリー

月別表示

コメント

リンク

検索

others