ブロッコリーのおかかサラダレシピ

IMGP4556.jpg

先日のお弁当に入れたブロッコリーサラダのレシピをさらりとご紹介します。なぜなら今日もたまたま作ったからです。

もともとは実家で母からざっくり聞いたものだったんですが、自宅で試したら家族のウケがよく、娘もいつも以上にもりもり野菜を食べるのですっかり我が家での定番サラダになりました。

 

今回はブロッコリーで作っていますがカリフラワーでもアスパラでも、ざく切りにして茹でたキャベツでも合います。もちろん複数の野菜を組み合わせても。

おかかとごまはたっぷり!が合言葉。今回は4コマ風に手順をまとめました。

 

IMG_7337.jpg

【材料】(2人分)

ブロッコリー 1株

醤油・酢・ごま油 各小さじ2

砂糖 ひとつまみ

かつおぶし 使い切りタイプ1パック

白ごま 大さじ1

 

【作り方】

1.ブロッコリーは小房にわけて茹で、小さめにさいておく。芯はあったら入れています。

2.醤油・酢・ごま油・砂糖をふたのしまる容器に入れて振り混ぜ、ドレッシングを作る。

3.1のブロッコリーを加えてふたをしめ、軽く3回くらい振って混ぜる。

4.おかかとごまを加えてさらに3回振り混ぜてできあがり。

 

4のおかかとごまは全量和えてもいいですし、トッピング用に少しとっといてもいいです。

ブロッコリーを加えた後はあまり振りすぎると粉々になりますのでやさしく数回だけ。混ざったらそのままふたして冷蔵庫に入れちゃいましょう。10分位冷やしておくと味が馴染みますよ。

 

 

IMGP4499.jpg

お弁当に入れる時はカップの下におかかを敷いて汁気止めしています。

 

もともとの母レシピは市販のドレッシングと醤油を混ぜるものなので、お気に入りのドレッシングがある場合はそちらでもやってみてください。クリーミー系以外ならおかかもごまもだいたい合うと思います。

私ならキユーピーのイタリアンドレッシング使うかな。

 


ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング

 


我が家のオーブン野菜・2016梅雨

IMGP3341.jpg

最近よくお弁当に登場するオーブン焼きの野菜、このところたまたま複数の知人から作り方について質問されることがあったので、ブログにも書いておくことにしました。

子どもも食べるので野菜の仕上がりは少々やわらかめ、のちのち他の料理に使い回すことを考えて味付けは超シンプルなのを予めお知り置きいただきまして、我が家流のレシピがどなたかの参考になったなら嬉しいです。

切って少し味付けしてあとはオーブンにお任せなので、ほかのおかずを作る前に仕込んでおいたり、オーブンに任せてる間にサッとお風呂に入ったりをおすすめしますですよ。

 

IMGP3319.jpg

まずは材料のご紹介を。あくまで一例です。たまたま今日作ったものがこの内容だったというだけで、特にきまりはありません。

冷蔵庫に眠っていた使いかけのかぼちゃとにんじん、他の料理で余ったキャベツの芯、いんげん、紫たまねぎです。撮影後にいんげんとキャベツを少し足しています。

いつも入れるようにしているのは玉ねぎ(今回はたまたまあった紫玉ねぎですが、もちろん普通の玉ねぎでもOK)、逆に入れないものはほうれん草などの葉ものです。

今回は入れていませんがズッキーニやカブなんかも合いますね。エリンギなどのきのこ類もいいと思います。

お弁当に使う場合は、彩りの助けになってくれる野菜をそろえておくと明日の自分が喜びます。

 

材料をそろえたら、まずオーブンの予熱をはじめましょう。設定温度は200度です。

 

IMGP3322.jpg

予熱の間に野菜を大きめに切り分けて、ボウルに放り込んでいきます。

 

IMGP3323.jpg

塩をふたつまみ、オイルを大さじ0.5〜1くらい(撮影時はボウルの外周をたらっと一周半くらいしました)入れたら、ざっくざっくと全体を混ぜます。

いつだったか、何かの本で「サラダは手で混ぜると味がなじみやすい」というのを読んで、これはサラダじゃないですけど手でワシワシ混ぜました。そのあとすぐカメラを触るということを完全に失念した行為でした。

 

大胆に混ぜたいので、ボウルは少し大きすぎるくらいのやつを使うといいですよ。

ポリ袋に野菜全部と塩と油入れてモミモミする方式でもいいと思います。

 

IMGP3331.jpg

オーブンペーパーを敷いた天板やバットにボウルの中の野菜をどさっとあけ、なんとなく平らにならします。

今回は無印良品のホーロー容器(ふたができるやつ)を使いました。これだと焼いたあとにそのまま保存できるので便利です。

野田琺瑯でいうとこんなかんじのやつですかね。

 

 

余裕があったら、熱の通りやすいいんげんを下のほうにやったり、逆ににんじんやかぼちゃを上に寄せたりということができればいいですが、大抵はやってません。結果的に焦げたりした部分は責任もって私が食べています。

 

IMGP3335.jpg

予熱の終わったオーブンに容器を入れて、15〜20分加熱。

時間は野菜の量や種類で違ってくるので、味見なりかたい野菜に竹串を通すなりの方法で確認するといいと思います。
 

IMGP3341.jpg

このときは20分で玉ねぎがちょっとサクサク食感だったので、5分追加して出来上がりとしました。

さめるまで庫内に置いといたら追加加熱なしでもいけたかも。

 

出来上がりはほんのり塩味なので、肉や魚の付け合せにちょうどいい塩梅だと思います。

そのまま味わう以外の展開例としては、味噌汁やスープの具、野菜炒めに入れる、マヨネーズなどで和える、豆乳とコンソメで軽く煮てつぶしてポタージュなどなど。お弁当の隙間埋めにも大活躍です。

ほかの料理に展開せずに食べる場合はにんにくを追加したり、塩やオイルをいろいろ変えて試しても面白いですね。私はいつも天然塩とこめ油の組み合わせばかりですが。

 

とにかくこれがあると「野菜を摂れている」感と「他のおかずが足りなくても、お弁当がなんとかなる」感があって、最近は欠かさず作っています。ないとソワソワしてしまうくらい。

簡単ですが頼りになる作りおきですね。

 

以上、ささっとしたご紹介でしたが我が家のオーブン野菜でした。

暑い夏はオーブンに調理をおまかせして、人間は涼しい部屋でくつろぎたいですね!

 


お弁当のおかずレシピ「春菊としめじのごま酢和え」


レシピ書くのも久しぶりなら完成写真を撮影するのも久しぶりすぎて手が震えます。
手作りのレフ板ぽいものをどこにしまいこんだか探すところから始めました。

そんな久々レシピは3/10のお弁当に入れた「春菊としめじのごま酢和え」です。
家にある野菜で手早く副菜を作りたくて、ついでにお茶が飲みたかったので(笑)やかんでお湯を沸かし、鍋を使わずに作りました。
材料をキッチンばさみでパチパチ切れば、包丁も使わずに作れます。
春菊がそろそろシーズン終わりで寂しいですが、小松菜とかでもおいしく作れると思います(試してないですが…)
甘さ控えめのごま酢、これからもちょこちょこ登場させたい調味料です。
では作り方をどうぞ。



春菊の水切りはキッチンペーパーでも、さらしのふきんでもいいと思います。
レシピでは紙を使いましたが、ふだんはさらしのふきんを3枚くらい重ねて包み、しばらく休ませています。

ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング

「てりたれ」で肉巻きおにぎり

IMGP9265.jpg
最近、イチが夕食に鍋を食べたがるので野菜と豆腐の鍋を作るのですが、帰りが早いときなどにはご飯も少し食べてもらいたいなーと思いまして、小さなサイズの肉巻きおにぎりをまとめて作って冷凍ストックしています。
イチだけじゃなく、私も忙しいときの夕食などに重宝してるんですけどね。

いつも醤油・みりんを適当にブレンドして味付けるのですが、今回は作ったばかりの「てりたれ」を使ってみようかなと思い立ちました。

次回作るときのメモとしてクックパッドにまとめておきましたので、ブログでもご紹介しますね。



今回はお買い得な切り落とし肉を使ったので、肉の形がまちまち。
パズル気分でおにぎりに貼付けていきました。
隙間なくくっつけたつもりが、焼いた後は肉が縮んでごはんがこんにちはしてました…(自宅で食べる分なので無問題!)

IMGP9268.jpg
ごはんの露出が著しいやつを試食。
たれの味がごはんにしみ込んで、いい塩梅です。

フライパンで焼いてもいいのですが、まとめて作るときはオーブンで一斉加熱が楽ちんでおすすめ。
焼いたあとはあら熱をとって、ひとつずつラップにくるんで冷凍しておくと、食べるときにあたためやすいですよ〜。

ところで本場宮崎の肉巻きおにぎりって、なぜだか円柱っぽい形(下写真参照)ですよね。肉が巻きやすいのかな?


本家 宮崎肉巻き 3個入

ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング

お弁当のおかずレシピ「小松菜と糸こんのごま和え」

IMGP8951.jpg
9/30のお弁当に入れた、小松菜と糸こんのごま和えのレシピを書きました。
なんてことはないごま和えなのですが、糸こんにひと手間かけて下味をつけ、全体の味付けを控えめにしても大丈夫なようにしたところがポイントです。
小松菜単体のごま和えよりも彩りよく、栄養もプラスされています。
下ゆで不要の糸こんを使うと簡単にできますよー!



すりごまにすったくるみやピーナツを加えるとか、小松菜以外の青菜で作るなどのアレンジもできそうですね。
ほうれん草か何かでもう1回作ろうと思います。

ブログランキングに参加中。
バナークリックで投票ポイントが入ります。投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング


プロフィール

ロコ
36歳の主婦・一児の母。食べるの大好きっ子。
2007年夏に曲げわっぱのお弁当箱を買い、詰めたごはんのおいしさに感動して、ずっと曲げわっぱでお弁当を作っています。

お弁当を作る時は「ごはんを鍋で炊くこと」「市販の冷凍食品を使わないこと」「イチ(夫)の好きな卵焼きを入れること」を心がけています。

さらに、2013年から「週に2品以上、お気に入りの料理本に掲載されているレシピでおかずを作る」が加わりました。

Twitter.png Facebook.png Instagram.png Feedly.png Email.png 

お弁当箱のプロフィール

【二ツ重丸弁当箱】
丸くて軽い、かわいい子。持ち歩くときは大きめのハンカチで包みます。

wappa!のおすすめ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

記事カテゴリー

月別表示

コメント

リンク

検索

others