ざるはいくつ持っていれば日常に困らないか、を考えた

IMGP4202.jpg

あけましておめでとうございます。新年最初の記事が大変地味なアイテムの話題になりますがご容赦ください。

このたび、ざるを1つ買い足して3つ手放しました。個数は減りましたがまったく困ることはありません。

 

ことの発端は去年の秋ごろ、ボウルとざるの整理をして少し数を減らそうと思い立ったことです。

我が家のキッチンには7年ほど前に買ったスタッキング可能なざる(3つ)とボウル(4つ)のセットがあるんですが、ボウルもざるもよく使うサイズはそのうちの2種類ほどで、同時に全部が出払うことは過去一度もありませんでした。 出し入れの時にもざるとボウルを交互に重ねるのが面倒だったり。

こんなにざるはいらないかもな、ついでにパンチングざるをやめようかな(メッシュざるに比べて水の切れが悪いので)、よいざるは何かあるかなーと考えていました。

(ざるに関しては以前こちらの記事でも少し紹介していますが、角型のメッシュざるもふたつ持っています)

 

そんなときに図書館でたまたま借りた台所道具の本に紹介されていたこのメッシュざるが気になり、パンチングざるのかわりに…とひとつ購入しました。サイズはよく使う鍋と同じ24cmです。

 

 

 

 

「盆ざる」という名前のこれ、昔ながらのざるに近い形で、持ち手と足がついていて衛生的に使えます。写真のように茹で野菜をさますのにも使えますし、めんの湯切りにも今のところ不便は感じていません。

ボウルとセットになっていたざるに比べて深さがなくなったので、小さなスペースにもしまえるようになりました。

 

日常のレギュラーメンバーはこのざるだけでいけるかも!という確信があり、試しに今まで使っていたパンチングざるを戸棚に封印して1ヶ月ほど過ごしてみましたが、特に不便は感じませんでしたので、年末の最終ごみの日にパンチングざるを出して入れ替え完了としました。 角型ざるは今後もサブで持ち続けますが、基本的には盆ざるだけでいけそうです。

 

いずれボウルも同じように見直しをしたいですが、とりあえず2016年中にざるの見直しができ、「持っているけどなかなか使わない」道具を減らすことができたのはとても良いことでした。

今はやりのミニマリストに憧れる気はないんですけど、道具を持ちすぎて使わないものが出てくるのはもったいないので、少数精鋭を目指してキッチンをつくっていきたいなあ。

その一方で便利グッズを見かけるとうずうずするので、いろいろ矛盾してるところもあるんですけどね。

 

そんな感じで今年も気の向くまま、今の暮らしにフィットする道具を探す旅を続けたいと思っております。よろしくお願いいたします。

 

ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング

 


コメント
コメントする








   

プロフィール

ロコ
36歳の主婦・一児の母。食べるの大好きっ子。
2007年夏に曲げわっぱのお弁当箱を買い、詰めたごはんのおいしさに感動して、ずっと曲げわっぱでお弁当を作っています。

お弁当を作る時は「ごはんを鍋で炊くこと」「市販の冷凍食品を使わないこと」「イチ(夫)の好きな卵焼きを入れること」を心がけています。

さらに、2013年から「週に2品以上、お気に入りの料理本に掲載されているレシピでおかずを作る」が加わりました。

Twitter.png Facebook.png Instagram.png Feedly.png Email.png 

お弁当箱のプロフィール

【二ツ重丸弁当箱】
丸くて軽い、かわいい子。持ち歩くときは大きめのハンカチで包みます。

wappa!のおすすめ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

記事カテゴリー

月別表示

コメント

リンク

検索

others