212キッチンストアで販売しているフレッシュロックピッチャーがカラフルで可愛かったので衝動買いした

IMGP4989.jpg

すいませんタイトルが長いですね。勢いで書いています。

 

かねてから粉類の収納でお世話になっているフレッシュロックからピッチャー(冷水筒)が出たことを最近知りました。(フレッシュロックに関する過去の記事はこちら

WECKのジュースジャーも相変わらず好きなんですが、テーブルに置いておくと娘がいたずらする(=重いし割れるので危ない)という理由で最近はお茶の容器に使わなくなってしまったんですよね。

で、無印の横置きできるアクリルの冷水筒を使っていたのですが、熱湯NGのため沸かしてすぐのお茶を入れられないのが不満でした。

 

そんなときに知ったフレッシュロックのピッチャー、熱湯OKとメーカーが謳っています。密閉性や使いやすさは粉類で確認済み。

さらに212 KITCHEN STORE(好き)からカラフルなバージョンが出ているという情報をキャッチし、鼻息荒く買いに行きました。

2.0リットルの大きめサイズもあったのですが、冷蔵庫のポケットに入れたかったので1.1リットルを2色購入。久しぶりにわくわくする買い物でした…!

可愛さより機能的重視!!なものももちろん好きなんですけど、機能性かつほんのちょっと可愛いとか、最高じゃないですか。これはまさにそれでした。

 

IMGP4990.jpg

フタのパッキンにTAKEYA(製造メーカー)の文字。通常のフレッシュロックのパッキンはグリーンなので、パッキンも特別色なのかな?

 

IMGP4991.jpg

フタをあけるとこう。開いた状態でフタがロックするから、注ぐ時もじゃまになりません。

 

IMGP4993.jpg

ねじ式のフタを外せば手が楽に入るので洗うのも簡単そう。フタには持ち手があり、野菜室からも楽に出せそうです。

横置きは不可と注意書きがありました。我が家は現在横に置きたい欲求がないので問題なし。

 

IMGP4999.jpg

ひとつは水出しのだし汁、もうひとつはお茶に使います。用途で色分けできるのも嬉しいですね。

この記事を書いている時点で1回、子どものコップにだし汁を注ぎかけたので慣れるまでは注意せねば…。

 

ちなみにパッキンは交換可、メーカーに問い合わせをすれば購入が可能です。(もしかしたら通常版のグリーンが来るのかもしれませんが)

替えの部品が手配可能なのは嬉しいなー。長く使っていきたい冷水筒です。

 

 

 

楽天に212の公式ショップあるの知らなかったな…子を連れて店舗に行かなくても買えたのか!

 

 

ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング

 


フープロを買い替えました。バーミックススライシー→マスターカット

IMGP3082.jpg

週末、昔いっしょに働いていた先輩とごはんを食べに行ったら、ご主人が私のブログのキッチン用品レビューを気に入ってくださっていると聞きました。気恥ずかしいですが大変ありがたいです。いつか直接ご挨拶したいです(私信)

 

だからというわけじゃないんですが、今日は私とイチの結婚記念日でお弁当なし外食デーになりましたので、去年買い換えたフープロの話をします。ちょっと緊張するー!

 

もともと我が家にはバーミックスというハンディミキサーがあり、そのバーミックスがフープロになるというオプションの「スライシーセット」を購入して使っていました。購入当時のブログ記事がこちらです。

 

リンク先の記事でも触れていますが、当時は野菜のカットを目的としていたので許容していた「ふたが水洗いできない」点が出産後に面倒に感じることが増えて、最近は出番が減っていました。

また肉や魚をミンチにするメニューを作りたいと思う機会が多くなってきたので、「食材に触れる部分がちゃんと水洗いできるフープロがほしい」と思うように。

 

ならば定番(?)のクイジナートを買うかと一瞬思ったものの、食材を入れる部分が樹脂製なのがちょっと引っかかってしまいまして。軽いのはいいんですが、肉や魚の脂がこってりつくだろうなーとか、にんじんみじん切りにしたらオレンジに染まるのかしら(スライシーは染まる)と考えちゃったのですよね。

 

できれば食材入れはガラスかステンレス希望、まてまてガラス製のミキサーなんてなかろう、ならばステンレスだな!ということで、ステンレス製のフープロを探して買ったのでした。


IMGP3090.jpg

まあ、Amazonのフープロランキング上位に条件に合うものがあって一瞬で決まったのであまり苦労して探したわけではないんですが…。

山本電気というメーカーの「マスターカット」という商品です。キッチン用品のメーカーとしてあんまり聞いたことないなと思ったのですが、1934年創業のモーターのメーカーとのこと。

モーターのプロが作るフープロに期待高まります。レビューもびっくりするくらい評価高くてつい読みふけってしまいました。

 

 

 

 

食材を入れるボウルは写真のとおりステンレス製で、スライシーセットより容量大きめ。

ふたが透明なので中がまったく見えないということはありません。もちろんボウル・ふた・ブレード全てが水洗い可です。(食洗機はNG)(そこは自己責任というやつです)

 

で、実際に野菜のみじん切り・お肉をミンチにするのを試してみたら、あらまあびっくりするほど静か。夜中に使ってもキッチン以外の部屋にいる家族に気づかれないレベルです。

スライシーよりパワーが強いみたいで、「このみじん切り、スライシーなら1分くらい回していたな」という考えで1分回したらみじん切りを通り越してペースト状になったりしたので、慣れるまでは気持ち短めに回して様子をみるのがよいでしょう。

回転数は無段階で調節可能、断続運転(一定のリズムで刃が回る)と連続運転(ずーっと刃が回る)をワンタッチで切り替えられます。


IMGP3092.jpg

付属品としてスパチュラとすりおろしブレードがついてきます。

すりおろしはまだ使う機会がないんですが、スパチュラはいい塩梅のやわらかさなので、ボウルの中の食材をきれいに取り出せます。何かを混ぜたりするのにはふにゃふにゃしてて向いていないので、あくまで取り出し専用ですね。

 

実は買い替えたのが2016年の6月なので、もう半年ほど使い込んでいるのですが、もう手放せない存在です。

これは去年のお弁当の写真なんですが、この日のメインにしている鶏団子の生地がとにかく一瞬でできてしまうのが気持ちいい。鶏肉と玉ねぎと卵、片栗粉少々をまとめて入れてスイッチオンですぐです。あとは茹でるだけ!

 

ほかにもさつまいもをマッシュして揚げニョッキを作ったりと、お菓子づくりにも活躍しています。

しまいこんでしまうとなかなか出番が増えないので、キッチンの特等席に設置してすぐスイッチを入れられるようにしているのがよいのでしょうね。

 

いま知り合いにおすすめのフープロを尋ねられたら、回し者のように鼻息荒くすすめる自信があるキッチン用品なのでした。

質実剛健なつくりなので何年くらいもってくれるかな、楽しみです。

 

 

 

赤もあるんだよ。

 

にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング


ざるはいくつ持っていれば日常に困らないか、を考えた

IMGP4202.jpg

あけましておめでとうございます。新年最初の記事が大変地味なアイテムの話題になりますがご容赦ください。

このたび、ざるを1つ買い足して3つ手放しました。個数は減りましたがまったく困ることはありません。

 

ことの発端は去年の秋ごろ、ボウルとざるの整理をして少し数を減らそうと思い立ったことです。

我が家のキッチンには7年ほど前に買ったスタッキング可能なざる(3つ)とボウル(4つ)のセットがあるんですが、ボウルもざるもよく使うサイズはそのうちの2種類ほどで、同時に全部が出払うことは過去一度もありませんでした。 出し入れの時にもざるとボウルを交互に重ねるのが面倒だったり。

こんなにざるはいらないかもな、ついでにパンチングざるをやめようかな(メッシュざるに比べて水の切れが悪いので)、よいざるは何かあるかなーと考えていました。

(ざるに関しては以前こちらの記事でも少し紹介していますが、角型のメッシュざるもふたつ持っています)

 

そんなときに図書館でたまたま借りた台所道具の本に紹介されていたこのメッシュざるが気になり、パンチングざるのかわりに…とひとつ購入しました。サイズはよく使う鍋と同じ24cmです。

 

 

 

 

「盆ざる」という名前のこれ、昔ながらのざるに近い形で、持ち手と足がついていて衛生的に使えます。写真のように茹で野菜をさますのにも使えますし、めんの湯切りにも今のところ不便は感じていません。

ボウルとセットになっていたざるに比べて深さがなくなったので、小さなスペースにもしまえるようになりました。

 

日常のレギュラーメンバーはこのざるだけでいけるかも!という確信があり、試しに今まで使っていたパンチングざるを戸棚に封印して1ヶ月ほど過ごしてみましたが、特に不便は感じませんでしたので、年末の最終ごみの日にパンチングざるを出して入れ替え完了としました。 角型ざるは今後もサブで持ち続けますが、基本的には盆ざるだけでいけそうです。

 

いずれボウルも同じように見直しをしたいですが、とりあえず2016年中にざるの見直しができ、「持っているけどなかなか使わない」道具を減らすことができたのはとても良いことでした。

今はやりのミニマリストに憧れる気はないんですけど、道具を持ちすぎて使わないものが出てくるのはもったいないので、少数精鋭を目指してキッチンをつくっていきたいなあ。

その一方で便利グッズを見かけるとうずうずするので、いろいろ矛盾してるところもあるんですけどね。

 

そんな感じで今年も気の向くまま、今の暮らしにフィットする道具を探す旅を続けたいと思っております。よろしくお願いいたします。

 

ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング


食器洗いスポンジをふきんに変更した、という話

IMGP3516.jpg

ずいぶん前になりますが、食器洗いにブラシとあみたわしを愛用しているという記事をブログに書きました。

それからずいぶんと月日がたち、たまに他のスポンジに浮気してみたりしつつ、スポンジ系のストックがなくなったある日のこと。

調理のあいまにまな板と包丁をふくためのふきんで食器を洗ってみたら、あらまあこれが洗いやすい。

スポンジと違って煮沸消毒もできるし、広げて干せばすぐ乾くので「もうこれでいいじゃん」となったのでした。

 

上の写真は現在、実際に食器洗いに使っているふきん4種です。確か無印良品で和柄セットとして売っていたものだと思います(数年前に購入)。

サイズは手ぬぐいの半分くらいでしょうか。

 

一度の食器洗いで洗う&拭くの2枚ずつ使い、ローテーションしています。

ひどい油汚れのときはカットしてストックしているボロ布やキッチンペーパー等でぬぐってからこちらを使います(取れないシミがついたら嫌なので)。

お気に入りのふきんをきれいに使いたいがために、食器洗いの前準備がきちんとできるようになったかな。結果的に食器洗いの時間も短縮されているように思います。

 

使ったあとは広げてシンクまわりにかけておきます。夜になったら前述の煮沸消毒、翌朝に洗濯機で洗って天日干しです。

スポンジと違い、細かいところは指にまきつけてこすることもできるし、曲げわっぱへの摩擦のダメージも少なめと信じています。

今まではごはんを炊いたあとの土鍋を洗うときに、あみたわしの目にごはんつぶが詰まるのが地味にストレスでしたが、そういうこともなくなりました。

 

いま使っているふきんがダメになったら(数年は大丈夫そうですが)、次は洗剤がいらないというびわこふきんを使ってみようかなと思っています。

でもなー、柄があったほうが洗う作業が楽しいから手ぬぐいにしようかなー。

 

 

 


すくいっこレードル

IMG_5892.jpg

久しぶりにキッチングッズの記事です。

最近、不思議な形のレードルを買いました。

たまたま図書館で借りた本↓に載っていたのがきっかけです。

 

豆や穀物を中心に掲載した本で、水煮の豆をすくうのに便利!と紹介されていました。

 

そういえば我が家、穴あきレードル的なものがないのです。かす揚げはあるのでそれで代用していました。

このぐるぐるの形状がどうしても気になったので調べてみたら、お菓子材料のオンラインショップ・クオカに扱いがあるとのこと。

ちょうど小麦粉が切れそうになっていたので、まとめて注文することにしました。

電車で30分足らずのところにクオカの自由が丘本店があるので実物見てみたかったんですけどね。夏の子連れにはちと遠い道のりでした。

 

IMG_6114.jpg

で、届いて実際に使ってみたところ、これがなかなか良い感じです。

まだお菓子作りには使ってないんですが、揚げ物でしっかり油をきって紙の上に並べたり、お味噌汁の具だけをすくったり(これは娘のごはんでよく発生する作業です。具と汁を別のお皿で出しています)という作業で早くも大活躍。

先日はナスの揚げびたしを作るときに、ナスをすくって油をきって→つけ汁に入れる→よく浸かるようにつけ汁に沈めるところまでこれ1本でやれました。

SとMサイズを買って、ナスはSサイズでやってます。Mサイズは冬場の鍋料理で、取り分け用のおたまとして活躍してくれそうな大きさです。

 

クオカのサイトの説明によれば、ケトリング(茹でる)が終わったベーグルを引き上げたり、卵の黄身と白身を分けるのにも使えるとか。その時がきたらこのレードルにお任せしようと思います。

 

洗いやすさについては、ぐるぐると柄のつなぎ目がどうしても汚れがたまる部分だと思うので、そこだけ気をつけてあげればよさそう。

ぐるぐるは何かが詰まるほど細かくないし、柄もステンレスなのでガシガシ洗えます。

 

クオカオリジナルのものだと思っていたら、amazonでも取り扱いがありました。

 

大きなものではないのでキッチンの引き出しにらくらく収納できるんですが、形が面白いせいか高確率で娘に奪われます…やめてそれでテーブルを叩かないで…!

 

 



プロフィール

ロコ
36歳の主婦・一児の母。食べるの大好きっ子。
2007年夏に曲げわっぱのお弁当箱を買い、詰めたごはんのおいしさに感動して、ずっと曲げわっぱでお弁当を作っています。

お弁当を作る時は「ごはんを鍋で炊くこと」「市販の冷凍食品を使わないこと」「イチ(夫)の好きな卵焼きを入れること」を心がけています。

さらに、2013年から「週に2品以上、お気に入りの料理本に掲載されているレシピでおかずを作る」が加わりました。

Twitter.png Facebook.png Instagram.png Feedly.png Email.png 

お弁当箱のプロフィール

【二ツ重丸弁当箱】
丸くて軽い、かわいい子。持ち歩くときは大きめのハンカチで包みます。

wappa!のおすすめ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

記事カテゴリー

月別表示

コメント

リンク

検索

others