人生初のいちご狩り

IMG_8007.jpg

フルーツ好きなんですが狩るという発想があまりなく、唯一の狩り体験が子どもの頃に両親に連れて行ってもらったさくらんぼ狩り1回のみという私なのですが、近所の母友に誘ってもらって行ってきましたいちご狩り。

 

私は東急田園都市線ユーザーなんですが、田園都市線の溝の口駅から徒歩15分のところにいちご狩りのできるハウスがあるんですって。溝の口は渋谷から電車で20分くらいなので、ずいぶん都心に近いところでも狩れるんだなぁと驚いたのでした。

 

今回お世話になったのは、武笠農園さんというところです。

武笠農園 いちごハウス(facegbookページ)

 

本来は2歳児も有料のところ、今シーズンは雑誌や新聞に間違えて「無料」と書いてしまったとかで、我が家のいちご大好き2歳児も無料で入れることになりました。ありがたい。

狩り時間は30分で、大人はひとり2000円です。

 

IMG_8005.jpg

最初にいちご狩りのお作法(手でもがずに貸出のハサミを使う、ミツバチに気をつける…など)の説明を受けていざ狩りスタート。大人が立ったままいちごを食べられる高さで栽培されているのが腰痛持ちには大変ありがたかったです。

品種は紅ほっぺオンリーなんですけど、とにかく赤くて甘い。直売コーナーのいちごが売り切れていたのも納得のおいしさでした。この農園のいちごは溝の口駅前のマルイなどで高級いちごとして販売されているそうです。

 

けっこう参加者は多かったと思うのですが(我が家のような幼児連れがほとんどで、ハウスの中が保育園の遠足のようでした)、取り合いになることなく十分にいちごを堪能できたように思います。

 

子連れ参加の注意点としては、2歳くらいの子はいちごの苗の下をくぐって遊ぶので目を離さないこと、ハウスの中は暖かいので脱ぎ着できる格好で、子どもはいちごの果汁が目立たないような色の服を選ぶ…というところでしょうか。

我が家はIKEAの長袖エプロン持参で行きましたが、お食事用のスタイをしてる子もけっこういましたよ。

あと、リュックなどの大きな荷物は荷物置き場に預けてしまうので、貴重品を入れるポシェット的なかばんを持っていくとよいです。

 

最初は元がとれるか心配だったのですけど、バケツにたまったヘタの量を見たら、とれすぎるくらい元はとれていたようです。とにかく娘の食べた量がハンパなかった。私も朝ごはんを抜いた甲斐があったな、という量を食べていました。

初めてのいちご狩り、大人も子どもも大変楽しかったのでまた来シーズンも行きたいな。

 

 

 


のらぼう菜の油麩炒めとレンズ豆煮の曲げわっぱ弁当

お弁当には形の決まっているおかず(卵焼き、ハンバーグなど)と決まっていないおかず(切り干し大根の煮物、マカロニサラダなど)があり、そのバランスが良いと詰めやすいし見た目もきれい…というのをお弁当10年以上作ってきて感じているわけなのですが、今日は後者のおかずの比率が高くてどうしたもんかなと朝に頭を抱えました。だいたい前日の夜には気づかないんだよなあこのバランス。なんでだろうなー。

 

おかずの内訳はこうです。
 

ごはん+梅干し
のらぼう菜と油麩炒め
卵焼き
長芋のオーブン焼き
レンズ豆のスープ煮
にんじんピクルス
ほうれん草のおかかマヨ和え


あああしかも青菜が二種類あるよ、これ隣り合わせたらバランス悪いよな…と考えて出した答えが「しましまに詰める」でした。

右から順番に詰めていき、青菜は両端に配置して間を茶・黃・赤で埋めてみたら…わりと良いかも。今回のように形の決まっていないおかずばかりの時は、この詰め方がきれいに見えそうです。

 

おかずの内容にも触れておきますと、のらぼう菜は油麩と豚肉を加えて炒め、だし汁と牡蠣醤油で味付け。油麩がいい感じにうまみを吸ってくれます。ボリュームも出て助かるー。

 

長芋は厚めの半月切りにしてオイルと塩と片栗粉少々をまぶし、翌朝のパンと一緒にオーブンで焼いて出来上がりという簡単おかずで、レンズ豆のスープ煮は飛田和緒さんのレシピで作りました。

乾物入れに中途半端に残っていたレンズ豆を食べきる目的で作りましたが、イチがとても気に入ったようなのでまたレンズ豆買ってきて作ろうと思います。

(本では皮なしの豆を使用していて『戻す手間なし』と書かれていたのですけど、今回は皮付きで。皮なし同様に水で戻す手間はなく、さっと洗ってそのまま鍋に入れていきなり煮ちゃってOKでした)

 

本日参考にした本はこちら。

 

 

 

見ないふりをしていたらもう3月も5日以上経過してるんですね…確定申告いってこよ。

 


ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング

 

 


鶏むね肉のパン粉焼き弁当

IMGP5060.jpg

ハーゲンダッツのもちのやつが食べたいと思いつつ買いに行けておりませんこんにちは。週末に調達したいな。

水曜日は出かけてまして、あまり作り込まずに済むおかずで木曜を乗り切りました。

 

おかかごはん
鶏むね肉のパン粉焼き
卵焼き
茹でブロッコリー
にんじんのピクルス
プチトマト


むね肉はブライン液(水、塩、砂糖+重曹少し)に漬け込んで冷凍していたものがあったので半解凍して一口大に切り、ポリ袋に入れて牛乳でのばしたマヨネーズをもみ込み、天板に並べてパン粉をかけてオーブンで焼きました。

 

ブライン液である程度の塩味がついているので追加の味付けはマヨのみという手軽さ。野菜を一緒に焼いてもよいですね。

ちょうど翌朝のパンを焼くところだったので、まとめてオーブンで加熱してしまいました。

ブライン液に漬けるとむね肉のパサパサ感が軽減されてしっとりジューシーになるので重宝しています。

 

あとは作りおきのピクルスと茹で野菜、プチトマト、卵焼きという手のかかってなさでした。金曜はお弁当なしデーなのでゆっくりして、また来週頑張ろう。一足早いですがお疲れ様でした!

 


ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング



プロフィール

ロコ
36歳の主婦・一児の母。食べるの大好きっ子。
2007年夏に曲げわっぱのお弁当箱を買い、詰めたごはんのおいしさに感動して、ずっと曲げわっぱでお弁当を作っています。

お弁当を作る時は「ごはんを鍋で炊くこと」「市販の冷凍食品を使わないこと」「イチ(夫)の好きな卵焼きを入れること」を心がけています。

さらに、2013年から「週に2品以上、お気に入りの料理本に掲載されているレシピでおかずを作る」が加わりました。

Twitter.png Facebook.png Instagram.png Feedly.png Email.png 

お弁当箱のプロフィール

【二ツ重丸弁当箱】
丸くて軽い、かわいい子。持ち歩くときは大きめのハンカチで包みます。

wappa!のおすすめ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

記事カテゴリー

月別表示

コメント

リンク

検索

others