やきとり風グリルとマカロニサラダの曲げわっぱ弁当

IMGP5091.jpg

実家から大量のデコポンが届き、皮むきマシーンと化していますこんばんは。早くも手が少し黄色くなっている気がします。

お弁当のあとも親子で2個食べました。

 

青のりごはん
やきとり風グリル
卵焼き
マカロニサラダ
キャベツのカレー炒め
にんじんピクルス


最近、夕方のごはん作りタイムに娘が私にべったりで(一緒にテレビを観ないと泣く)なかなかキッチンに長時間立つことができないので、オーブンや魚焼きグリル、圧力鍋などに頼って生きています。はよママブーム去ってくれ…。

 

今回はぶつ切りのねぎと冷凍の鶏もも(冷蔵庫で半解凍)をオーブンでじりじり焼き、別に作っておいた醤油とみりんベースのあんかけをからませて、やきとり風のグリルを作りました。

最初はやきとり丼のつもりだったけど結局ごはんに乗せずに食べちゃったな。まいいか。

 

副菜はもう超定番になってしまったマカロニサラダとカレーキャベツです。またかよと思いつつ家族の食べっぷりが違うのでついついヘビーローテーションしがち。カレーキャベツはクミンパウダーを入れるのが我が家流アレンジとして定着してきました。



ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング

 


のらぼう菜の油麩炒めとレンズ豆煮の曲げわっぱ弁当

お弁当には形の決まっているおかず(卵焼き、ハンバーグなど)と決まっていないおかず(切り干し大根の煮物、マカロニサラダなど)があり、そのバランスが良いと詰めやすいし見た目もきれい…というのをお弁当10年以上作ってきて感じているわけなのですが、今日は後者のおかずの比率が高くてどうしたもんかなと朝に頭を抱えました。だいたい前日の夜には気づかないんだよなあこのバランス。なんでだろうなー。

 

おかずの内訳はこうです。
 

ごはん+梅干し
のらぼう菜と油麩炒め
卵焼き
長芋のオーブン焼き
レンズ豆のスープ煮
にんじんピクルス
ほうれん草のおかかマヨ和え


あああしかも青菜が二種類あるよ、これ隣り合わせたらバランス悪いよな…と考えて出した答えが「しましまに詰める」でした。

右から順番に詰めていき、青菜は両端に配置して間を茶・黃・赤で埋めてみたら…わりと良いかも。今回のように形の決まっていないおかずばかりの時は、この詰め方がきれいに見えそうです。

 

おかずの内容にも触れておきますと、のらぼう菜は油麩と豚肉を加えて炒め、だし汁と牡蠣醤油で味付け。油麩がいい感じにうまみを吸ってくれます。ボリュームも出て助かるー。

 

長芋は厚めの半月切りにしてオイルと塩と片栗粉少々をまぶし、翌朝のパンと一緒にオーブンで焼いて出来上がりという簡単おかずで、レンズ豆のスープ煮は飛田和緒さんのレシピで作りました。

乾物入れに中途半端に残っていたレンズ豆を食べきる目的で作りましたが、イチがとても気に入ったようなのでまたレンズ豆買ってきて作ろうと思います。

(本では皮なしの豆を使用していて『戻す手間なし』と書かれていたのですけど、今回は皮付きで。皮なし同様に水で戻す手間はなく、さっと洗ってそのまま鍋に入れていきなり煮ちゃってOKでした)

 

本日参考にした本はこちら。

 

 

 

見ないふりをしていたらもう3月も5日以上経過してるんですね…確定申告いってこよ。

 


ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング

 

 


鶏むね肉のパン粉焼き弁当

IMGP5060.jpg

ハーゲンダッツのもちのやつが食べたいと思いつつ買いに行けておりませんこんにちは。週末に調達したいな。

水曜日は出かけてまして、あまり作り込まずに済むおかずで木曜を乗り切りました。

 

おかかごはん
鶏むね肉のパン粉焼き
卵焼き
茹でブロッコリー
にんじんのピクルス
プチトマト


むね肉はブライン液(水、塩、砂糖+重曹少し)に漬け込んで冷凍していたものがあったので半解凍して一口大に切り、ポリ袋に入れて牛乳でのばしたマヨネーズをもみ込み、天板に並べてパン粉をかけてオーブンで焼きました。

 

ブライン液である程度の塩味がついているので追加の味付けはマヨのみという手軽さ。野菜を一緒に焼いてもよいですね。

ちょうど翌朝のパンを焼くところだったので、まとめてオーブンで加熱してしまいました。

ブライン液に漬けるとむね肉のパサパサ感が軽減されてしっとりジューシーになるので重宝しています。

 

あとは作りおきのピクルスと茹で野菜、プチトマト、卵焼きという手のかかってなさでした。金曜はお弁当なしデーなのでゆっくりして、また来週頑張ろう。一足早いですがお疲れ様でした!

 


ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング


三色そぼろ丼の曲げわっぱ弁当

IMGP5024.jpg

きのうは強風で自転車のカゴに入れていた荷物が飛ばされたり(無事回収)、午後から近所の友だちと会う予定だったのに明日だと思いこんでいてメールで指摘されたりと、なんだかめったにない経験が重なって夜にはぐったりしていました…。

お弁当は簡単にどんぶりで済ませました。こういう日はしょうがないんだよ、うん。
 

三色そぼろ丼(炒りツナ、炒り卵、菜の花の昆布締め)
カラフルにんじんのピクルス


鶏ひき肉が冷凍庫になかったので、ツナ缶を炒って醤油で味付けたものをそぼろがわりに入れています。あとは卵と菜の花で、ちょっとばかり春っぽい感じを出してみました。菜の花の昆布締めはこてらみやさんのレシピです。

 

IMGP5013.jpg

カラフルにんじんは先週末にファーマーズマーケットで買ってきたもので、ふつうのにんじん色のほかに紫、白、黄色などが入っていました。

これピクルスにしたらお弁当の彩りによさそう〜、と全て乱切りして酢につけこんでみましたら、あら不思議。

紫にんじんの色素が酢に溶け出して、ほかの全てのにんじんを同じ色に染め上げていきましたとさ…やっちまった。

 

まあ味はおいしいですし、赤い彩りになるので問題ないといえばないのですが、もっと元のカラフルさを大切にした料理にしたかった…サラダがやっぱり無難なんですかね。

 

本日参考にした本はこちら。

 

 

 


ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング

 

 


チキンエスニックライスとハリハリ漬けの曲げわっぱ弁当

IMGP4980.jpg

週末がまたたく間に終わってしまった…きょうのお弁当は日曜日に計画も立てずに作ったおかずたちが詰まっています。
朝、手当たり次第に乾物を戻しておき、戻り次第ちょこちょこと料理していきました。
 

チキンエスニックライス
茹で鶏
ほうれん草ともやしのナムル
切り干し大根のハリハリ漬け
黒豆煮
プチトマト


酒と塩をふって冷凍しておいた鶏もも肉を凍ったまま茹でてシャトルシェフに1時間ほど放り込んでおいたものが今回のメインです。夕食とお弁当でもも肉一枚を半分こしています。

茹で汁は捨てずにごはんを炊くのに使いました。何度もリピートしている高山なおみさんのレシピです。(香草類は省略) これのためにナンプラーを常備しているといっても過言ではない感じ。

元のレシピでは具材は特に入れていないのですが、子どもの好物であるしめじを入れてみています。

 

切り干し大根はハリハリ漬けにしました。これは飛田和緒さんのレシピ本からで、水洗いして絞った切り干し大根、切り昆布、唐辛子を酢と醤油にひと晩漬け込んでおくだけなので一瞬で仕込めます。

切り干し大根を目分量にしてしまったのでちょっと調味料多かったかなあ。色がだいぶ濃くなりました。

 

 

 

ほか、黒豆煮はいつもどおりの圧力鍋で仕込みました。水で戻した時にいくつか割れて中の白い部分が見えてしまったのですが、煮てみたら目立たなくなったのでホッとしています。

卵焼きは時間切れで作れませんでした!そういうこともあるある(自分で自分を慰める)。

 


ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ レシピブログランキング

 

 



プロフィール

ロコ
36歳の主婦・一児の母。食べるの大好きっ子。
2007年夏に曲げわっぱのお弁当箱を買い、詰めたごはんのおいしさに感動して、ずっと曲げわっぱでお弁当を作っています。

お弁当を作る時は「ごはんを鍋で炊くこと」「市販の冷凍食品を使わないこと」「イチ(夫)の好きな卵焼きを入れること」を心がけています。

さらに、2013年から「週に2品以上、お気に入りの料理本に掲載されているレシピでおかずを作る」が加わりました。

Twitter.png Facebook.png Instagram.png Feedly.png Email.png 

お弁当箱のプロフィール

【二ツ重丸弁当箱】
丸くて軽い、かわいい子。持ち歩くときは大きめのハンカチで包みます。

wappa!のおすすめ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

記事カテゴリー

月別表示

コメント

リンク

検索

others