魚焼きグリルの活用

IMGP0470.jpg
以前からうっすら気にしてはいたのですが、子どもが産まれてから改めて「キッチンに立っている時間を無駄にしない」ことを意識するようになりました。
キッチンに立てている=クーコが寝ている、またはイチがクーコの相手をしてくれているということで、その限られた時間に同時進行で何品作れるかチャレンジ!みたいに毎回ちょこちょこと作業しています。

うちは2口コンロなので、そこは当然フル稼働で何かしら炒めたり茹でたりしているのですが、加えて魚焼きグリルも遊ばせてる場合ではないぞ…ということで、魚焼きグリルをオーブンのように使えるフライパンを買いました。
最初は南部鉄器のダッチオーブンふうのものを買おうとしていたのですが、例によってお気に入りに入れて寝かせすぎたせいで、去年の増税時に税金の差額以上に値が上がってしまい、欲しい気持ちがちょっとしぼんじゃったんですよね。
(5000円台→7500円まで上がった)
で、似たようなものを色々探してみたら、お安い陶器のフライパンが見つかったのでこちらをポチリと。
陶器なので水に漬けて汚れ落とししても大丈夫だし、食洗機にもガシガシ入れてしまいます(自己責任のもと、ですよ)。

ダッチオーブンふうのものは↓これです。ふたがついてるから蒸し焼きっぽく仕上がりそう。

up南部鉄器/ダッチオーブン/魚焼きグリル用ベイクパン
だ、大人気だと…?(プルプル)

気を取り直して。

IMGP0481.jpg
実際に魚焼きグリルで鶏肉を焼いている写真です。
うすく油を引いて鶏を並べ、あとは魚焼きグリルのスイッチとタイマー(うちのグリルはタイマーがついてます。重宝してる)を入れて、コンロで副菜をガシガシ作ってさあいただきますという感じ。
ガラストップへの油はねもないし(実際はグリル内に飛んでいるんでしょうけど…)、フライパンより焼き色がおいしそうにつくので、最近お弁当に入れている鶏肉のグリルはだいたいこの作り方です。あとは小さな切り身のお魚を焼いたり。
ひとつ難点をあげるとすれば、手間が少なすぎてグリルで焼いていることを忘れてしまうことでしょうかね…あかん…。

そうそう、マッシュしたじゃがいもを入れてチーズを乗せ、即席グラタンぽく仕上げるのもお気に入りです。
食卓にそのまま出してもおかしくないので、あと1品ほしいなというときによく作りますよ。

up イシガキ産業 魚焼きグリル対応 陶器フライパン

ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング

 


TRUSCO中山のツールワゴン


今日はイチがお弁当いらないデー、私も珍しく外出なのでお弁当はありません。
ので、週末に届いたワゴンの話をします。

3年住んでいる現在のマンションはキッチンがだいぶ狭く、引っ越してきた当初からキッチンワゴンを買いたいと思っていたのですが、なかなか「キッチンワゴン」のカテゴリで欲しいものに出会えませんでした。
といっても私が求めている条件はさほど多くなく、「2段ではなく3段」、「多少重いものを入れてもぐらつかない」「キャスターがしっかりしている」ことです。
安いキッチンワゴンはネットの写真で見るだけでもキャスターが小さくて、うしろ2つの条件が満たせなかったんですよね…。
かといって1万円前後のものならいいかというと、棚の数が増えたりトップが耐熱仕様になっているだけで、キャスターはさほど差がないように感じてしまって、いったん購入を保留していたのでした。

で、2年前くらいに、D&DEPARTMENTのオンラインショップで、TRUSCOの工業用ツールワゴンをキッチンで使っている写真を見かけまして。
工業用ワゴンなので、電動ドリルやらネジやらオイルやらを乗せて運ぶのが本来の姿なんでしょうね。
がっしりとした姿で、大根やらじゃがいもやらを乗せて流しの横に鎮座している姿は大変頼もしく見えました。
(当時は販売もしていたのですが、今はどうも取り扱っていないようです。サイトのどこにもない…)
無骨な見た目ですが、家庭にあってもそんなに浮かなさそう。うちはメタルラックなどもあるので、それらとさほど温度感は違わないように思いました。
そうか、無理にキッチンワゴンの中から選ぶ必要はないんだな…と、目からウロコがはらりと落ちました。

その後、まあお決まりの楽天やAmazonで底値をチェック→お気に入りに入れて買うタイミングを伺う、というパターンでずいぶん長いこと寝かせてしまっていたのです。
最近はいろんなおかずをまとめ作りすることが増え、以前より作業スペースが必要なのと、たまたま実家からデコポンやらりんごやらがたくさん届いて、しまうスペースが要るのとで急に脳の購入スイッチが入り、えいやっと購入ボタンを押しました。
(組み立てはちょっと手間がいるみたいです。テレビを見ながらやっといて〜とイチにお願いしました)

トレイは深型が2段、トップの1段だけ浅型です。
深型1、浅型2のパターンもあるようです(そっちのほうがちょっとだけ安い)

一番上は作業スペース兼お茶セット(浄水ポット、ケトルなど)を置いておくようにして、下には豆類のストックとりんご・デコポンを入れました。
デコポン15個、りんご8個入れてますが、ぐらつきもがたつきも一切なしで、すいすい移動することができます。
うちではあまり買わないのですが、ペットボトル飲料を並べて置いておくにもよさそう。
高さはだいたいダイニングテーブルと同じくらいで、高すぎず低すぎず。
私は大変気に入ったのですが、なぜかイチがそれ以上に惚れ込んでしまって「いいなあ、これいいよ。ほんといい。」を繰り返しています。

あまりに良かったので、書斎の本の整理用にもうひとつ買おうか検討中です。
(安い買い物ではないので、買うとしても半年くらい後かな)
無骨なキッチンワゴンをお探しの方に大変おすすめできる一品でした。
耐久性もあるだろうから、長くつかうぞー。


up【送料無料】TRUSCO(トラスコ) ツールワゴンロイヤル 深2浅1 ホワイト

ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング

ふたつきの製氷皿

IMGP0782.jpg
キッチンの効率化、いろいろと進めています。
最近はだしをまとめてとってストックしたり、作ったお惣菜を小分けにして冷凍するために、ふたつきの製氷皿を買いました。
ひとつひとつの部屋(部屋?)がすこし大きめのものなので、液体以外のものも冷凍しやすいのが気に入っています。
そのうち、離乳食のフリージングにも役立ちそう。

アスベル フタ付ビックアイストレー L-10
upアスベル フタ付ビックアイストレー L-10

ふたつきだと他のものが重ねられるし、においも移らなくて便利です。
凍ったらバラバラと出し、ジップロックに入れて保存しています。
あまり力を入れなくても出しやすいので便利!

ちなみに上写真のおかずは、「冷凍保存ですぐできる 絶品おかず」に掲載されている「ひじきと長ねぎの梅和え」です。美味しくて好き。

冷凍保存ですぐできる 絶品おかず
up冷凍保存ですぐできる 絶品おかず

ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング

TEIJIN あっちこっちふきん ベビーサイズ3枚入り

IMGP0778.jpg
3ヶ月の実家暮らしで、母親のキッチン管理を見て学んだことのひとつが「常ぶきの大切さ」です。
母はシンクのステンレス部分に水滴が残っているのが「生理的に苦手」で、作業が一段落したら、必ずふきんで水滴をキュッキュッと拭いていました。
そのおかげでシンクは常にぴかぴか、水あかはナシ。
自宅に戻ったらマネしようと思った習慣のひとつです。

母はいらなくなったハンドタオルをふきんとして使っていたのですが、私はモチベーション維持のために、このタイミングでキッチンまわりのふきんを新調することに。

今までは雑貨屋さんで安く買った毛足長めのマイクロファイバーふきんを使っていたのですが、これがいつまでたっても水を吸わず、乾拭きしないと拭き跡が残っちゃう代物でして。。
地味にストレスだったので、使い捨てウエスの箱に入れて、えいっとさようならすることにしました。

で、どんなふきんにしようかなと考えて思い出したのが、あっちこっちふきん。
これもマイクロファイバー系の素材ですが、そんじょそこらのマイクロとは違うマイクロだという噂。ほんとかなあ。
数年前に友人が絶賛していて、名前を覚えてはいたのですけど、なんとなく試すのが後回しになっていました。

というのも、わりといいお値段するんですよ、これ。
Mサイズが1枚500円前後、Lサイズは700円くらい。
そのぶん寿命が長いらしいのですが、洗い替えで何枚か揃えるのもけっこうするなあと思ってまして。

で、今回改めて調べてみたら、ベビーサイズというのがあったので、試しにそれを買ってみることにしました。
19cm四方のサイズが3枚入りで1300円前後、これならちょっと試すのにちょうどよいお値段。いちおう洗い替えも持てることになります。
19cm四方、だいたいメガネ拭きくらいのサイズですかね。(レビューを見たら、実際メガネ拭きとして使っている方もいるみたいです)

届いたその日に一枚取り出して、水滴を拭いてみたら、1回拭きでさっぱりきれい!
ついでに油はねがあるガスコンロのガラストップも拭いたら、こちらも乾拭きなしですっきりときれいになりました。
汚れの度合いにもよると思いますが、こまめに拭くならこれだけで十分そう。
一般的なふきんより小さいサイズですが、私は特に不満なく使えました(びっしゃびしゃのシンクを拭くなら、ちょっと足りないかもしれないですね)。
グラスを拭くのにもよさそうな素材です。(食器拭きには、もう少し大きいサイズが向いていそう)

IMGP0779.jpg
地味に嬉しかったのは、フックにひっかけるループがついてること。
吊るして乾かせるのがとても便利です。

3枚セットのカラーは固定なので、欲を言えば単色3枚セットで買いたいところです。できれば白で(漂白できるから)。
でもそこを差っ引いてもいい買い物でした。ボロボロになるまで使い倒すぞう。



upあっちこっちふきん ベビーサイズ3色組

ブログランキングに参加中。クリックすると当ブログに投票ポイントが入ります。
にほんブログ村 料理ブログへ レシピブログランキング

アナログのレシピノート

IMGP0505.jpg
春ごろに買ったけどブログに書きそびれてたキッチングッズシリーズ・第3弾。
新生活の準備…というわけではないのですが、ノートに厳選レシピをちょっとずつ書き写し始めました。

お弁当のネタ帳づくりを通じて、手書きたのしいなーというのが少しずつわかってきたのと、消せるボールペンのおかげで誤字脱字が怖くなくなったのが始めたきっかけなのかも…と思います。

IMGP0509.jpg
書き写すのはオリジナルレシピではなく、本やwebで出会った「繰り返し参照する」レシピたち。
webにレシピを載せている立場なので、必要なときにその都度検索などして、アクセス数に貢献したいなぁ…という気持ちもありつつ、お気に入りのサイトにいつもたどり着くとは限らないので、紙にも書いておいたほうが安心するのです。
いっぱい書きすぎると探しづらくなるので、○回以上参照したら書く…のように、マイルールを設けて厳選しています。

今のところ、きちんとした主菜のレシピというよりは、基本的な合わせ調味料の比率(三杯酢など)、野菜の茹で時間など、ちょっとした豆知識に近いものが多いかなぁ。
とうもろこしの茹で方なんて、毎年シーズンになったら1度は検索しますから、パソコンやタブレットを持ち出すよりもノートのほうが情報にたどり着くまでの時間が短いかも。
実家暮らしで、母の大ざっぱなレシピを口頭で教えてもらう機会があるので、そういうものも帰宅後に書いていけたらいいと思っています。

デジタルも便利なんですけど、紙には紙のよさがあるなぁと思うので、うまいこと棲み分けしながら活用していきたいです。

私は格好から入りたがるタチなので、レシピ用のノートを買って始めましたが、どんなノートでもいいと思いますよ。
(強いて言うなら)キッチンで使うノートなので、表紙は水に強いほうがいいかなぁ。

Moleskine Passion Journal - Recipe, Large, Hard Cover (5 x 8.25) (Passion Book Series)
Moleskine Passion Journal - Recipe, Large, Hard Cover (5 x 8.25)


プロフィール

ロコ
38歳の主婦・一児の母。食べるの大好きっ子。
2007年夏に曲げわっぱのお弁当箱を買い、詰めたごはんのおいしさに感動して、ずっと曲げわっぱでお弁当を作っています。

お弁当を作る時は「ごはんを鍋で炊くこと」「市販の冷凍食品を使わないこと」「イチ(夫)の好きな卵焼きを入れること」を心がけています。

さらに、2013年から「週に2品以上、お気に入りの料理本に掲載されているレシピでおかずを作る」が加わりました。

Twitter.png Facebook.png Instagram.png Feedly.png Email.png 

お弁当箱のプロフィール

【二ツ重丸弁当箱】
丸くて軽い、かわいい子。持ち歩くときは大きめのハンカチで包みます。

wappa!のおすすめ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

記事カテゴリー

月別表示

コメント

リンク

検索

others